2013-12-31 03:33 | カテゴリ:ゲーム関連

2013年ももう終わりということで

2013年に管理人がはまったゲームをあげていこうと思います。


2012年の記事はこちらですね。

2012年に管理人がハマったゲームランキング


前回に引き続きベスト5で紹介します。



・5位

【ソウルサクリファイス】 PSvita

ソウルサクリファイス

値崩れる前に売り抜けました!セーフ!

ソウルサクリファイスって登場したときは

某イナフネさんが作ったゲームということで注目度が高かったです。

今はイナフネさんとかどこにいったのか知りませんけど。


このゲームは体験版がおもしろかったですけど

製品版は、遠距離攻撃ゲーでした。


あとマルチプレイも鍵部屋っていうの?

そういうのばかりで、マルチプレイもほとんどしませんでした。


値崩れしてしまった今だからあまり高い評価はできませんが

発売した当初というか、体験版をやっていたときは

結構楽しかったんですけどね。



・4位

【NBA2k14】 PS3

NBA2k14

なんだかんだでおもしろいです。

自分はNBAtodayという現実のNBAスケジュールとともに

組み込まれる試合みたいなものをやっているんですが

たったそれだけなんですが、結構楽しいです。


日本のプロ野球ゲームも、そういうふうに

現実のプロ野球の試合の対戦が

そのゲームをやったら、すでに組み込まれているみたいな風にすればいいのに。

いやペナントとかではありませんよ。

実際にリアルで怪我をして選手が離脱したら

ゲームでもその選手がいなくなったりするというのが

NBA2k14なんですよ。

スタメン選手なんかも、リアルで変わったら

ゲームでもスタメンが変わったりするんです。


たしかにクイックマッチを選んで

今日試合をする2チームを選べばそれで済む話なんですが

ゲームを起動して、いきなり今日の試合の対戦がくみこまれていて

その中からすぐにプレイできるというのはすごくいいです。


ほんと日本のスポーツゲームもみならえばいいのに。

サッカーゲームとかだって、起動してすぐに

本日開催される試合の対戦が組み込まれていたらテンションあがるでしょ。


たとえば、ワールドカップ当日に日本vsロシアの試合があるとして

ゲームを起動したら、日本vsロシアの対戦が組み込まれていて

スタジアムとかも今日おこなわれる試合どおりで

スタメンもまさに最近のもので

あーだこーだにしてくれればうれしくなりますよね。

その試合をプレイすれば、日本代表を操作しても

モストヴォイとかカルピンとか相手チームの有力選手のすごさも

ゲームで知ることができますよね。

あ、2002年のサッカーワールドカップの話ね!



・3位

【善人シボウデス】 PSvita PSプラス

普通におもしろくないか?

もっと評価されていい脱出ゲームだと思います。

そもそも脱出ゲームというジャンル自体

そんなに好かれないところがあるのかもしれませんが

ダンガンロンパなんかが人気なら

この善人シボウデスももっと人気がでてよかったと思います。


このゲーム、ほんとよくできているというか

結構手が込んでいて驚きました。

PSプラスのゲームは他にもいろいろやりましたけど

この善人シボウデスのストーリーが気になって

徹夜みたいな感じでプレイした気がします。

あぁ、PSプラスの期限もせまっていましたからね。


でも、いいゲームだと思いました。

他にもタイムトラベラーズや特殊報道部もやりましたが

善人シボウデス>>>>タイムトラベラーズ>>>特殊報道部

みたいな感じですかね。

いや、普通に善人シボウデスはよくできていたでしょ。

ちょっと古いゲームですがPSプラスにでてこなかったら

普通にプレイしなかったと思います。


タイムトラベラーズも

「はい、快感です」

という選択肢のやつはおもしろかったんですけどね。



この動画の24:30ぐらいからのやつです。

いや、これは笑うと思うんですけど。



・2位

【パズル&ドラゴンズ】 スマホゲー

いまではすっかりこのブログもパズドラブログとなってしまって

さらにパズドラのフレンド要素がめんどくさかったので

サブアカのためにタブレットパソコンを買ったりしました。

タブレットパソコン

パズドラ

現在進行形でパズドラをプレイしていますが

2014年は少しパズドラを控えようと思っているというか

スタミナ制なんで、やりようがないんですけどね!


他にもスマホゲーみたいなものはいろいろやりましたけど

やっぱりパズドラが一番よくできていると思います。


自分は基本こういう課金ゲーは無課金でやっているんですが

無課金でやると、基本ガチャみたいなものはできないんですよ

でもこのパズドラはガチャをやらないとどうにもならないので

無料でもらえる魔法石でガチャをやっているのですが

レアガチャはしびれますね・・・。

そりゃー、パチンコやパチスロ業界が危険に思うものだと思います。

レアガチャはしびれますよ・・・。

単なるデータなんですけど、リアルのガチャガチャよりよっぽどしびれますね。

むしろリアルのガチャガチャってアタリハズレがはっきりしていませんが

パズドラとかって、結構当たり外れみたいなものをつけている分

のめりこんだりしてしまうのでしょうね。



・1位

【ドラゴンクエスト10】 WiiU

ドラクエ10 プスゴン2


2012年のランキングと同じく

このブログではまったく語っていないゲームが1位

です。


でも、まちがいなくこのドラクエ10が

2013年一番はまったと思います。


だって、基本無課金があたりまえの自分が

キッズタイムだけでは限界を感じて

1回だけ1000円課金してしまったんですよ!


そのぐらいドラクエ10が楽しかったです。

いまはぜんぜんプレイしていませんけど

ほんと当時はすごくドラクエ10が楽しくて

ゲームパッドのプレイもすごく快適で楽しかったですねー。


古き良きオンゲというかな

自分はほぼソロでプレイしましたけど

古臭いオンゲというかな、そんな感じのゲームで

今のオンゲは癖が強いというか

ゲーム通の人がうなるようなゲームがほとんどですが

ドラクエ10はゲーム初心者の人が

オンゲにハマるような感じのゲーム
だったので

そういうゲームっていまでは少ないように感じます。


2013年はドラクエ10にはまったので

WiiUを発売日に購入したのも

まぁあまり自分は後悔はしませんでしたね。



  今ではパズドラ一色だけど
  2013年もいろいろゲームをやったんだなぁ
思う基本



  
  なんだかんだで2014年も
  いろいろゲームをやりそうなんで、よろしく!
やる夫基本ズバリ言う



自分としては、やっぱりドラクエ10が

ゲームに長いことハマるきっかけになったと思うので

ドラクエ10が2013年で一番印象に残ったゲームかな。


プレイ時間という点ではだんぜんパズドラでしょうけどね。

だってパズドラはもう180日超えていますよ。

つまり半年以上プレイしていることになります。

さらにサブアカのために、タブレットパソコンまで買いましたし。


それでもやっぱり「ゲームってやっぱり楽しいな・・・」と思ったのは

ドラクエ10がきっかけだと思うので

ドラクエ10が自分としてはよかったですね。


他にも、善人シボウデスが思った以上におもしろかったり

NBA2k14がNBA2k9ぶりに結構自分の中でヒットだったりして

2013年は思った以上にゲームにハマりました。


ただ、自分的にがっかりだったのがモンハン4かな。

モンハン4はいろいろテンションが落ちるようなことが多かったです。

モンハン3Gのほうが楽しかったけどなぁ。


やっぱりゲームはオンラインでわいわいより

実際に集まってプレイするほうが楽しいと思うんですよね。


2014年は前も書いていましたけど

そんなにほしくないゲームは買わないようにするつもりです。

パズドラの育成があまりにも時間がかかるので

他のゲームをプレイしていられないというところもあります。

1体育成するのに無課金だと普通に1ヶ月ぐらいかかるので^^;


あとPSプラスってすごくいいと思いますよ。

興味のなかったゲームソフトも触れたりするので

むしろそういう自分があまり興味のないようなゲームのほうが

新鮮なところがあっておもしろく感じることもあるように思います。


ただ、どうしてもはじめの一歩がふみだせないといえばいいでしょうか

PSプラスで無料でプレイできるんですが

それでもやろうという気持ちがなかなかわかないものなんですよねぇ。


2013年はドラクエ10とか善人シボウデスとか

過小評価していたというか、過小評価されているゲームが楽しかったです。

パズドラはまぁブームになっていますから

評判どおりといった感じでしょうが

ドラクエ10や善人シボウデスは、もうちょっと評価されていたり

知名度が高くてもよかったりするゲームだと思います。

結局ドラクエ10ってオフラインではないから

批判がうずまいただけであって

プレイしていない人も、その流れに乗って批判した人は多かったと思います。


そもそもドラクエなんてオフラインゲーでも

もう無理なところがあるでしょ。

そういう点で、この時代に

まったくゲームをプレイしない人が

オンゲを魅力的に思うようなゲームだったというのが

自分としてはびっくりしましたけど。

そういう点で、ドラクエ10のブロガーというのは

他のゲームブログとは一味違った感じのものがあるような気がしなくもない。