2011-12-19 18:08 | カテゴリ:PSvita

PSVitaの保護シートの中で評判のよかった

ホリのピタ貼り

を購入して実際にvitaに貼ってみました。

ピタ貼り

今回はこのピタ貼りを実際に貼った感想を書こうと思います。


まずはピタ貼りについての情報はこちら

・アマゾンで購入はこちら





・楽天市場のピタ貼り販売店一覧はこちら

vitaピタ貼り



・アマゾンのピタ貼りレビューはこちら

vitaピタ貼りアマゾンレビュー




vitaのピタ貼りにはこのほかにもいろいろな種類があるので

自分の好みで選んでいいと思います。

この赤いパッケージのものが一番定番っぽいですね。


中身はこんな感じです。

ピタ貼り中身

パッケージの紙の裏に張り方の説明が書いています。

それほどの量が書かれているわけではないんですが

落ち着いてしっかり読んだほうがいいでしょう。


左のものは、埃とりです。

まずは自分のvitaの埃をしっかりとることからはじめます。


埃をとったら、保護シートを十字キーやボタンに合わせて

保護シートの上の部分にある黄色い部分のテープを自分のvitaの上部にくっつけます。

はっきりいって、ここが一番大事だと思います。

自分は、ここですこし曲がった状態で保護シートの上部を固定してしまって

やや失敗した結果になりました。


保護シートがちゃんと上下並行になっているのか確認したほうがいいでしょう。

綺麗に貼るのを考えることより、このピタ貼りで力量が問われるのは

曲がらないで上部をうまく固定することだと思いました。


で、上を固定したら次は

下のシート(説明文が書かれたシート?)を取って

vitaの画面と保護シートをくっつけるのですが・・・

これはピタ貼りというだけあって、空気はほとんど入りません。

上固定

こうやって綺麗に貼れたのなら一安心です。


まずは画面のところのシートだけ貼れるようになって

そのあとに左右の十字キーやボタンのところのシートを貼るようになっているので

画面に埃がなかったのなら、結構うまくいくと思います。

最初に貼る画面のシートを貼った時に気泡が入ってしまったのなら

左右のシートをくっつける前に

画面のシートの気泡をどうにかしたほうがいいかもしれませんね。

シートをはがす


左右の下シートをとり、すべてのシートをvitaにくっつけたら

最後は上の青いシートを取っていきます。

青シートを取る

右のほうに上の青いシートをはがす時のはじまりが2箇所あるので

説明でははじめにA、途中からBと書いてあるので

そのとおりはがしていきましょう。


自分はカメラで撮影しながらとっていたので片手でしたけど

両手を使ってはがすのが基本です。

この青シートは、別にいらなかったんじゃないかとも思います。

安い保護シートにはこういうのはないので、少し驚きました。


まぁあったのなら、シートが新品同様でうれしいんですけどね。

青シートは別に緊張とかしたりしないと思います。

ただ青シートを思いっきりとろうとして

下の保護シートまで一緒にとれてしまわないように気をつけてください。


で、完成。

完成

すごく綺麗で、天井の電気が映ってますね^^;


最初のほうに書いたんですけど

自分はじめのvita本体とシートを上であわせるので失敗して

すこしずれちゃったんですよ。

スピーカーの穴を保護シートがふさいだ形になったので

サイドの保護シートは切ってしまいました。

左

PSマークの先にも保護シートが続いていたんですけど

微妙にずれていたので切りました。


右側も切りました。

右側

スピーカーの下のところで保護シートが終わっていますけど

実際はスピーカーの上のところまで保護シートがあったんですよ。

でも微妙にスピーカーの穴をふさいでいた感じがあったので切り取っちゃいました。


この画像をみればどこらへんまで保護シートがあったのか

なんとなくわかるとおもいます。

上固定

青いところが少しスピーカーにかかちゃっていますよね。

だから、はじめに保護シートとvitaを上で固定する時に

曲がっていないかどうか確かめたほうがいいと思います。


自分の貼り方だと、保護シートが普通よりやや右よりになっていて

左から右にかけて、すこしずつ上にシートがずれているんですよね。

もうちょっとまっすくきちんとしたところで

上を固定すればよかったです。


このピタ貼りを貼るのにかかった時間は

20分ぐらいかかりました

たしかに綺麗に貼ることはできましたけどかなり疲れました!

そして完璧に成功というわけでもないので^^;


でもこれは

時間がかかると考えたほうがいい

でしょう。

雑にやろうとすると後々後悔します。

30分ぐらいかかるのは仕方ないとおもって貼ったほうが

きっとうまくいくと思いますよ。


大事な点をあげると・・・

・ほこりがつかないように付属のクリーニングクロスで拭く

これはvitaの画面は当然のことなんですけど

保護シートのはがす前の裏側は一時的にvita画面とくっつくことになるので

はがす前のシートの裏側もほこりがついていないか

チェックしたほうがいいと思います。


自分ははじめの撮影のときに、下にほこりがついちゃって

そのほこりが、vitaの画面にくっついて大変なことになりました。

ピタ貼り中身

なにをいっているかよくわからないかもしれませんが

上の画像の真ん中のシートはいま床においていますけど

シートと床がくっついて、シートにほこりがついてしまっているじゃないですか。

粘着面ではないんですが、ほこりというものは普通の紙にもくっつくものなんです。

だからvitaとシートを合わせる前に、シートの裏のほこりもとっておくべきでした。


vitaの画面のほこりをとっても

vitaとシートの場所を合わせるときに

シートの裏に付着したほこりが、vitaの画面につっくいていました。



・vitaとシートの場所をきちんとあわせて固定する

上固定が大事です。

適当に上を固定すると、あとあと後悔します^^;






保護シートというのはこのピタ貼りに限らず

序盤をどれだけていねいにできるか

だと思います。

もちろん、保護シートの質も大事だと思いますけどね。


自分はこのピタ貼りの前に張っていたのは

100均で購入した、自分でサイズを切り取る保護シートでした。

前の保護シート

右下のほうに気泡が入っちゃっていますよね。


ピタ貼りの完成はこちらなわけで、ずいぶん綺麗に貼れて満足です。

完成


結論をいうと

ホリのピタ貼りは綺麗に貼れるけど簡単ではない

シートの貼り方の説明をちゃんと読んだり

ほこりをきちんととれば大丈夫だと思いますが

そこをおろそかにすると後悔することになるでしょう。


あー、vitaのゲームよりよっぽど疲れたというか達成感がありました。

vitaにピタ貼りを貼るというのは神ゲー的な楽しさだと思うので

保護シート貼らない派の人もやってみてほしいです。


一度やり方がわかったら、なんてことないんでしょうけど

なにがなんだかわからない状態から

結構綺麗に保護シートを貼れた感動は結構大きいです。