2016-12-08 04:01 | カテゴリ:3ds
雷子 紺碧の章をクリアーしました。

自分が最後までプレイしたという点で良いゲームです。

自分は基本最後までプレイしないで、放置してそのままプレイしなくなることが多いので。



このゲーム、自分は予約特典付きのものを1700円ぐらいで買えました。

1700円ぐらいでプレイできたので、不満はありませんけど。


4000円ぐらいはらうとなると、どうかと思いました。

そのぐらい人を選ぶというか、子供向けな気がします。

浅いゆえにいいみたいな感じかな。




基本ストーリーを楽しむゲームだが戦闘は不可欠な要素

雷子は前作もプレイしましたけど、基本ストーリーがメインだとされています。

でもストーリーの合間に入る戦闘が必要不可欠です。

この戦闘がなかったら、自分は雷子をプレイしなかったと思います。


で、戦闘はまぁゆるします。

自分はこの雷子の戦闘が結構好きなんですよ。

これがだめだという人は、前の三国志の雷子のところで投げていると思うので。


でも今回はストーリーがちょっとダメだった気がします。

なんかところどころで

「うーん」

と思うような感じになって、ちょっと萎えました。





そもそもこの時代のことを知らない

自分はそもそもこの時代のことを知らないのでなんともいえないんですけど。

三国志のときは、まぁ中国統一みたいなものを狙っていて

今回もおそらくそうなんでしょうけど。


紙が白い、ごししょだっけかな。

そいつが

「復讐のために、おまえの国を滅ぼすぞ!」

みたいなところはOK。


でもそっから

「復讐果たしたし、わが国を大きくするぞ!」

みたいなところから、なんかちょっとテンションが落ちました。


そして、なんか主人公みたいなものがコロコロ変わって

「え?誰を応援すればいいの?」

みたいな感じになったところがイライラしました。


自分的には

「こいつを応援したいんだけど、こっちチームを操作するのかぁ」

みたいなことがあってイラッとしましたね。


だってごししょも

「おい、おばさん、その米どうすんだ!」

ってなって、そのおばさんと戦って敵キャラだったのに、急に

「やっぱ仲間に入れて」

みたいな感じで、今度は逆のほうに味方チームになるとか、どうかと思うんですけど。


今回というか、前もそうだったんですけど、ギャグがかなり寒かったです。

そのおばさんが

「私って幼女のふりをすれば8歳ぐらいにみえるよね」

みたいなものが、なんかよくわからないです。


自分的には普通に綺麗どころな人物だと思うんですけど。

幼女になりたかったのかな?

このキャラがダメだった気がします。

一番イライラしたかなぁ。





展開についていけず

ストーリーはぼんやりわかるんですけど。

「え?え?」

と思うことが多くてちょっとついていけませんでした。


大工を戦闘にいれるなよ。

しかも、必殺技使える大工とか。

「おまえ、戦闘に加わるのかよ!」

とか思ったりしたというか、結構重要なポジションで

「ん?」

とか思ったり。


なんか、いろいろつらい目にあって

【おにいさまへ・・・(アニメのほう)】

みたいな感じで、

「ななこさん、帰さないわよ!」

みたいな感じのマリ子さんモードになった人物がいたりで…。



で、それをされてぶち切れの孫子。

ななこさんなら

「一緒にソロリティをぶっつぶしましょう!」

ってなるでしょ。


でも孫子は

「あいつは許さん!大工がなにを言おうとぶっつぶす!」

みたいな感じになっているんです。

おーい!

馬小屋燃えても

「馬はどうでもいいけど、馬小屋の番人の召し使いは大丈夫か!?」

が孫子では?

なんかよくわからなかったです。



子もつらいところから逃げ出したのはわかりますけど。

なんでそんなに強くなったのかよくわからないですし。

貫通攻撃の必殺技で、ちょうひ余裕で超えてんじゃん。


なにをしたかったのかもよくわからないです。

なにかがぷっつんして

「もう引っ込みつかねー!」

って感じだったのかな。

そういうところも雷子クオリティで

「あいつは、邪に取り付かれたんだ」

みたいなもので、すべてを解決させるところが強引だったと思います。


と、そんな感じで今回のストーリーはとにかく粗かったです。

自分がこの時代の歴史を知らないからかもしれませんけど。

三国志はそりゃ知っていますけど、それ以上のことは知る気にならんわ。

昔田中芳樹が書いた「がくひでん」だっけかな、それは読みましたけど。

がくひもいつか雷子にでてくんの?

ストーリーはまったく覚えていないけどな!




ワゴン価格の価値しかない!ワゴン価格の価値は十分ある

ワゴン価格の価値しかないゲームですけど

ワゴン価格の価値なら十分あるゲームだと思います。


このゲーム、どんなにひいき目に見ても

1週間以上楽しくプレイするの無理だと思いますけど。

自分は5日ぐらいかな、そのぐらいで終わりました。

あぁ、vitaのほうで体験版をやっていたので、その日数もいれると10日ぐらい楽しめたのかな。


でもこのゲーム、どんなに

「雷子大好きです!」

って人でも、クリアーした後はどう考えてもきついです。


ストーリーを忘れたときにプレイするのはありだと思いますけど。

それは雷子3がでたときかな。


自分の中では、今回はちょっともやっとしたところがあって

クソゲーに近いところを感じましたけど、だらだらプレイしていたら

なんとか最後までいけてよかったです。


良い点も沢山ありますけど、そういう点は

「俺、みんなが知らない隠れた名作知っているぜ」

風の人が、たくさん良い点をあげていると思うので、自分がいう必要はないでしょ。



孫子がタイムスリップ(?)みたいなことになって

速攻で重役に採用される都合の良さは怖いわ。

いや、だってそうでしょ。


自分がもしどんなに能力があったとしても

「プロ野球チームに採用!」

とかならないでしょ。


いや、もし自分が未来の4番バッターがいきなり過去の日本にでてきたとしても

いきなりプロ野球チームから

「わがチームに入ってくれ」

なんてならないと思います。


草野球でどんなにホームランを何本も打っていてもさすがに無理だと思うんですけど。

入団テストで結果を残せば入れるか。


でもなんか今回はちょっと無理があった気がします。

そもそもなんで孫子と子供たちで別々の時代に飛ばされたのかとか

急に大工で戦闘に参加していたり。

「おまえ大工のほうの仕事どうしたの?」

みたいなことを思いますし。


兵士も

「え?俺、大工の下に配属?」

みたいな感じに思う兵もいたと思いますし。

なんか今回兵士が復活していた気がします。

妖術恐るべし。

ゾンビとして復活していたのかな!?



急に恋愛話になると、テンション上げる天皇家みたいな人たち。

ついていけんわ。

あと空気を読んで

リーダー格「いくぞ!」

みんな「おう!」

みたいなことをいうんですけど、普段絶対そんな「おう!」とかいわなそうな女性も空気を読んで

「おう!」

と言っていたりしたのも、うーんと思ったりしました。





プレイヤーの目を意識しすぎ

いや、登場人物が雷子を盛り上げようとして必死なんです。

いわゆるゲームってその世界があって、その世界でキャラクターが一生懸命生きていますけど。


この雷子ってゲームは、ゲームのキャラクターが

「雷子ってゲームを盛り上げてやろうぜ!」

みたいな空気をだしまくっているんですよね。


吉本の芸人が、テレビ番組をもりあげようと共演者に対して

「でも、○○でしょ?」

とか、話をふったり。


別もそんなにもうまくないけど

「うめー、うめー!完食です!」

みたいな感じで、番組を盛り上げようと無理して食ったりするような。

そんなわざとっぽい挙動が多くて、なんかついていけんかったわ。


前の三国志の雷子のほうは、そういうところはあんまりなくて

個性を前に出して、動いていた気がしますけど。

今回の雷子は、ゲームのプレイヤーに媚びた行動をする人物が多すぎでしょ。


少なくとも、あの子供のほうは

「私、悪者やめます!」

みたいな感じで、普通に戻ってよかったと思いますけど。

なんであそこまで

「私、悪者でいきますよー」

みたいな空気を読んだのか謎でした。

いや、そういう歴史なのかな。


ドラクエ5の主人公は、奴隷暮らしが長くても擦れなくてよかったですね。

いや、あいつなにもしゃべらんけど。

「はい、いいえ」だけは言うか。