2016-07-09 17:35 | カテゴリ:ゼロエスケープ
ゼロエスケープZERO ESCAPEをクリアーしたのでゲオに売りに行きました。

ゼロエスケープ

スパイクチュンソフトということで、いつかダウンロード版が半額になると思うので

それを再び買うか、3DS版を買おうかと思っています。

1作目がDSなので、DSで揃えたいという気持ちもあったりするので。


「再びプレイしたい」

と思わなかったのなら、手放したままになりそうですけど。


そんな感じで、発売から1週間しかたっていないので

「今、売りにいけば結構高値で売れるんじゃね?」

と思って、ネタ的なものもあって売りに行きました。


自分は結構ゲームを売りますけど。

発売日から購入して、1週間でゲームを売るなんて滅多にないです。



ゲオに売りに行った

ゼロエスケープの発売日は6月30日でした。

それから一週間経過の7月7日の七夕にゲオ店頭に売りに行きました。


自分の予想額は2500円から3500円ぐらいだろうと思っていました。

買取価格を出す前に、いくらで購入したのか紹介すると…。

楽天ブックスで購入したんですけど

楽天の購入履歴ってちょっとめんどくさいんで、うまく見せれないんですが


zeroesukepu.png



5292円で販売されていました。

つまり約5300円で販売していたのを、クーポンで100円割引されて約5200円で買いました。

正式には5192円ですね。


そしてゲオに売りに行っての買取価格は…。

ゼロエスケープ買取

3000円

でした。

つまり5200円で購入して、3000円で売れたわけで。

1週間の間に2200円かかったということになります。


これはなんともコストパフォーマンスが悪い。

1週間レンタルに2200円ですからね。

いや、手元に初回限定版の本が残りましたけど。

ゼロエスケープ

驚いたのは、ゲオに売りに行ったら、すでに中古のゼロエスケープがありました。

自分が売りに行った前に、もう誰かがゼロエスケープを売った人がいたわけです。




アドベンチャーゲームは一度プレイしたらやらなくなる人が多い?

アドベンチャーゲームだから、うんぬんは関係ないと思うんです。

アドベンチャーも物によっては、なかなか値段が安くならないものもあります。


でも一方で

「ある程度知名度の高いアドベンチャーは早く安くなりやすい」

ものもあります。


いや、ダンガンロンパ1・2(買取価格が高いまま)のこともあるので

「知名度が中途半端に高いものは安くなりやすい」

と言ったほうがいいのかもしれません。

知名度が高いvitaの代表作みたいなものは、なかなか安くならないのかと。

そりゃ買う人もいると思いますからね。


vitaの流行り神とかそれぐらいのアドベンチャーは安くなってますよね。

売る人は多くても、中古を買う人は少なそうですし

中古を買った人が、再び売りそうなゲームに感じますからね…。


まぁでもやっぱりこういう買取価格は

「よくわからん」

としかいえないです。


自分は購入して1週間で売りに行ったので

「まだ安くはなっていないはずだろ」

と思いましたけど、あと2,3日早く売ればもうちょっと高く売れていたのかもしれません。


現に自分が売りに行ったときには、もうすでに1本(?)ゼロエスケープの中古がありました。

全国的に考えれば、結構な数の中古があったかもしれません。


でもクリアー時間が約20時間と考えても

6日でクリアーするとなると、約3時間平均でプレイしないといけません。

1週間なら、まだそんなに売り場に数はないと思いましたけど。

売ることに力を入れている人っているんですね。


そして今回早めに売ってなんとなく思いましたけど

「今売ればいくらぐらいになるだろう?」

という売る楽しさみたいなものも少なからずあるのだと思いますね。


3000円なら、売るも売らないもどっちでもいい値段だと思いました。

3500円だったら、間違いなく売っていたと思います。

2500円なら、かなり迷って売らなかったかもしれません。

たぶん売ったと思いますけどね。


【ゼロエスケープ感想記事はこちら】

【ネタバレ小】ゼロエスケーププレイ感想日記7 ゼロエスケープクリアー!楽しむために準備をしないといけない時代!情報遮断する努力



ゼロエスケープは再びプレイしようと思えないところが強いのが悪い気がします。

○ボタンでメッセージスキップできないので

「ストーリーを忘れたし、またはじめからやるかぁ」

と思ったら、またベットの中で目をつぶって、話(会話)をぼーっと聞くプレイになります。


その点で

「またやろう」

という気持ちがなかなかでないです。


1作目も、なんども同じ脱出ゲームをやらされるところが

「またはじめからやろう」

という気にさせないところがあります。

まぁあっちはDSソフトなので、もうちょっとしたプレミアまではいかなくても

結構高値ソフトみたいになっちゃっていますけどね。



善人シボウデスがそういう点もよく出来ていたと思います。

そして善人シボウデスは、脱出ゲームもノーマルモードとイージーモードでやれば2回楽しめますからね。

ちなみに自分はPSプラスのフリープレイで善人シボウデスをプレイしたくちです。

その後DSの1作目を買いましたけど、それはちょっと前でしたけど2300円ぐらいで買えましたよ。

今はゼロエスケープの影響もあって、高くなっているだけかと思います。


再びゼロエスケープを買い戻そうという気になるのかどうかが心配です。

なんか極限脱出シリーズが好きな自分なんですが、ゼロエスケープはまた買おうという気にならなそうです。

今はおなかいっぱいだから購入意欲がなくても、2,3年したら

「もう一度やろうかな」

という気持ちもでるのかなぁ。