2016-07-06 16:34 | カテゴリ:ゼロエスケープ
ゼロエスケープクリアーしました。

ゼロエスケープ

クリアーしたんですけど、総合的な感想はまだやめておいて…。

思ったことを書いていこうと思います。


【これまでの感想記事はこちら】

【ネタバレ中】ゼロエスケーププレイ感想日記1 アドベンチャー要素が強く脱出ゲームまでが長いし難易度が簡単 外国よりなのを感じる完結偏 

【ネタバレ小】ゼロエスケーププレイ感想日記2 眠くて眠くて脱出ゲームが無理ゲー 前作の話題が多いのが気になる!ファイの眉毛と茜の髪の毛が気になる

【ネタバレ中】ゼロエスケーププレイ感想日記3 脱出ゲームで苦戦したデジカメ撮影!電卓必要だ!

【ネタバレ大】ゼロエスケーププレイ感想日記4 茜がやってはいけないことをやりだした件!べジータとクリリンの一件を思い出す

【ネタバレ最大】ゼロエスケーププレイ感想日記5 極限脱出シリーズの首謀者の目的とは このゲームの醍醐味はゼロの目的がなんなのかではない




シグマ、ボケる

シグマ、ジジイだけあってボケていました。

ネタバレになりますけど、とある子供に名前をつけるシーンがあるんです。


で、シグマは女の子に

「ファイ」

という名前をつけます。


女の子にファイという名前をつけるのを知ったとある人は

「ファイさんと同じ名前をつけるんですね」

と言うわけです。

そしてさらに、ファイが身につけていた装飾品をその子に渡すんです。


おまえ…。

ボケているのか?


シグマ馬鹿だろ。

女の子にファイという名前をつけて、その子に時空を超えるような装置に入れるというか

ファックス機能みたいな装置に入れるんです。


もうそこでわかるだろ。

いや、その前にファイという名前をつけた時点でわかるだろ。

みんなつっこんだと思います。

「そいつが、あのファイだろ!!」

と。


そもそもファイって名前ってそんなに多くないじゃないですか!


マイケルとか名前をつけるのならわかりますよ。

ユウナって名前をつけたら、ユウナが3人いて

「ユウナ」「ユウネ」「ユウノ」

と名前を一瞬でつけたりするのもまだ許せます。


でもファイって名前をつけたら、その瞬間に

「はっ!こいつがあのファイなんじゃね!?」

と思うでしょ。

というか、思わないとおかしいわけ!!!


なのに、なぜか

「ファイさんと同じ名前をつけるんですね」

「うん、そう」

「ファイさんが身につけていたこの装飾品もあげますね」

「うんうん、ファイも喜ぶよ」(←こんなことは言っていないけど)

みたいになるわけです。


シグマさぁ。

どう考えてもおかしいだろ!!

どう考えても、そいつがファイだろ!!


ゼロエスケープをプレイしたすべての人がつっこんだ一瞬でした。

いいゲームでした。

みんなのつっこむ心の声が聞こえました。


シグマやり手だわぁ。

ほんとシグマのがっかりっぷりはやばいわ。

まだ善人シボウデスで、ファイに向かって

「スク水見せろ、スク水見せろ」

言っていたシグマのほうが、頼りになりましたよ。




ドラゴンボールをもう一度考えよう

ただこのシグマの「ファイ」と名づけるシーンをみて

「前にも、こういうことをした奴がいたなぁ」

と思ったんです。


で、そいつがドラゴンボールの孫悟空です。



孫悟空は子供に「孫悟飯」という名前をつけます。

この孫悟飯という名前は、ゴクウを拾ってくれたじいちゃんの名前なんですよね。

つまりゴクウは、自分の子供に、死んでしまった育てのじいさんの名前をつけるわけです。


これさぁ、鳥山明は

「孫悟飯がタイムスリップして父である孫悟空を育てる展開」

をしたかったんじゃないかと思いました。


ドラゴンボールって普通にタイムマシンもでてきますよね。

トランクスがタイムマシンにのってきますけど。

そういうところを考えると、鳥山明は

「孫悟空を拾った孫悟飯は、実はタイムマシンで過去にきた孫悟空の実の息子本人」

みたいなことをさせようとしたんじゃないかと思いました。

でも、結局そういうのはボツになって、単に育てのじっちゃんと同じ名前をつけたで終わっていますけど。


じゃないとおかしくね?

孫悟飯なんて名前をつけたらややこしくならね?

いくらめんどくさがりであったり、子供に興味がなくても孫悟空ジュニアとかつけるでしょ。

キン肉マンでさえも、キン肉万太郎という名前をつけたんだから

ゴクウだって、孫悟空海(そんごくうかい)とか、親鸞もびっくりな名前をつけると思うんです。

あ、親鸞より最澄のほうが親友ポジションか。


だから、もし勘のいい人なら、孫悟飯がでてきて名前を聞いた瞬間

「あ、これループ物のストーリーだ!」

って気づいた人がいたかもしれません。

それか、自分がそれに気づいたはじめての存在かもしれません。


鳥山明はそんなことを考えておらず。

適当に孫悟飯って名前をつけただけかもしれませんけど。

でも、それはあまりにも違和感があると思うんだけどなぁ。




○ボタン封じがボリュームの水増し感に一役買っていた

基本自分はボイスとか最後まで聞かず、読み終わったら○ボタンで飛ばすタイプです。

でもこのゼロエスケープはムービーみたいな感じでストーリーがすすむので

○ボタンをうけつけないんです。


いわゆる強制オートプレイで話が進行するわけです。

キャラクターが最後まで話終えたら、次の人物が話だすわけです。

登場人物の、思っていることはほとんどでてきません。


あくまでもキャラクターの会話で話が進んでいきます。

「ラノベ?」

いや、ラノベってどんなのか知りませんけど。

というか、自分の時代のラノベといえば、魔術師オーフェンです。



もちろん無謀偏のほうね!!

はぐれ旅のほうは知らんわ。


で、「ラノベなの?」とかいうのは別にいいんですけど。

最後まで登場人物のセリフを聞いていないといけないのでクリアーに22時間かかりました。

22時間もかかったのなら

「かなりのボリュームがあった」

と思っていいと思うんですけど。


いかんせん、○ボタン封じのオートプレイでの進行だったので…。

22時間ものボリュームがあったとは思えないところがあります。

○ボタンを押さなくていいこともあって、何度か寝落ちしそうになりましたし。


ただ自分はゼロエスケープはやっぱり好みにあうのか楽しかったです。

脱出ゲームが邪魔臭く感じる人もいるかもしれませんが。

脱出ゲームがはじまって

「あぁ、今日はここでやめておこう」

というやめどきを計ることができましたからね。


いいゲームだと思います。

一応完結したようですけど、続編を作れるような布石は作っていました。


おそらく次の続編をつくるときは、登場はしなかったが

ゼロエスケープで名前だけでてきたキャラが登場してくるかと思います。

新たな極限脱出シリーズが作られるのかどうかは、海外での売上&人気にかかっていそうです。


ゼロエスケープをクリアーしましたけど、いまだに日本での評判はいっさいみていなかったりします。

そういう評判をみたら、感想を書くのも左右されそうなので…。

ゼロエスケープの感想を書き終えきるまで見ないようにしようと思っています。


でも、評判がいいはずはないだろうなぁ。

善人シボウデスでさえも、評価は辛口でしたからね。


だから続編がでるのかどうかは、海外頼みですね。

そして次の新シリーズになれば、もうちょっとおもしろいのを作れると思うんだけどなぁ。


【ゼロエスケープ関連記事】

【ネタバレ中】ゼロエスケーププレイ感想日記1 アドベンチャー要素が強く脱出ゲームまでが長いし難易度が簡単 外国よりなのを感じる完結偏 

【ネタバレ小】ゼロエスケーププレイ感想日記2 眠くて眠くて脱出ゲームが無理ゲー 前作の話題が多いのが気になる!ファイの眉毛と茜の髪の毛が気になる

【ネタバレ中】ゼロエスケーププレイ感想日記3 脱出ゲームで苦戦したデジカメ撮影!電卓必要だ!

【ネタバレ大】ゼロエスケーププレイ感想日記4 茜がやってはいけないことをやりだした件!べジータとクリリンの一件を思い出す

【ネタバレ最大】ゼロエスケーププレイ感想日記5 極限脱出シリーズの首謀者の目的とは このゲームの醍醐味はゼロの目的がなんなのかではない

【ネタバレ大】ゼロエスケーププレイ感想日記6 シグマが鈍すぎる!ゲームやっている全プレイヤーがつっこんだ!ドラゴンボールをもう一度振り返ろう

【ネタバレ小】ゼロエスケーププレイ感想日記7 ゼロエスケープクリアー!楽しむために準備をしないといけない時代!情報遮断する努力

vitaゼロエスケープの買取価格 発売1週間でGEOに売ったらいくらになるか


なんだかんだで極限脱出シリーズはおもしろいです!

もっと評価されていいと思うんですけど。

キャラクターの魅力がやや不足しているのかな。

というか、やっぱり西村キヌさんのほうがよかったと思いますけど。

いや、そこらへんは好みだと思いますけど。


自分は西村キヌさんのほうのキャラのほうが好みでした。