2015-04-26 15:06 | カテゴリ:NBA2k15

PS3NBA2k15のマイチームのゴールドトーナメントで5連勝できました。

NBA2k15ゴールドトーナメント

もう一度優勝しろといわれても、無理だと思いますし

もうやりたくないです。


マイケルジョーダンに何回泣かされたことか…。

4Qはじまるまでに10点以上リードしていて

「こりゃ勝ったな」

と思ったところから、負けたことが4,5回ぐらいありました。


負ければ1200VCがふっとぶわけで

ゴールドトーナメントをやって5000VCぐらいなくなってしまったこともありました。

実際はもっと使っているでしょうけどね。

手持ちに5000VCぐらいあったのに、ゴールドトーナメントをプレイして

1200VCより少なくなったときは愕然としました。


そんなゴールドトーナメントもみごと優勝!

気になるゴールドブースターの中身は

選手なしパック

でした。

これがあるからいやですね。

確実に選手1人入っているのなら、優勝する価値もあるのでしょうけど

選手なしパックがまぎれこんでいるので、もうやろうという気もおきません。


それでもゴールドトーナメントで優勝した自分を褒めたいです。


コツは

・相手チームにはターンオーバーをさせる

・こちらのチームはどんどん3Pシュートを狙っていく

・相手の選手をフリーにさせると3Pも確実に決めてくるのでフリーにさせない

・3Pをふせぎ、2点ならよしと思う

・フリースローの下手な選手にはオフェンスさせない


こんなところです。


大事なのはオールコートディフェンスにして、相手がボールを運びにくくさせ

8秒バイオレーションを狙うことです。

8秒バイオレーションができなくても

できるだけボール運びに時間をかけさせ

コンピューターに効率的なオフェンスをさせないことが重要になります。


こちらのオフェンスは、中への切れ込み6割、3Pシュート4割ぐらいではないでしょうか。

中へ切れ込む選手はフリースローのうまい選手ではないと

フリースローを高確率ではずしてくれます。

自分のチームにはアンドレ・イグダーラがいますけど

この選手フリースローが下手で

10本フリースローをうち3本入ったらいいほうです。


フリースローの能力が70以上ないと厳しいと思います。

せめて75はないと、はずしてもしょうがないと思ったほうがいいです。

難易度がスーパースターなので、フリースローが下手な選手は

まったくフリースローが入らなく、フリースローを獲得しても

点数が増えない&相手の速攻を食らうので注意してください。


最終的スタッツとしては相手チームはFG率50%~70%といったところなので

こちらはなんとか45%~60%ぐらいのFG率をだしたいところ。

あとは3Pシュートを増やし相手より1点多くとったり

相手チームにターンオーバーをさせて、点を上回るようにします。


注意すべき相手選手は

マイケルジョーダン

です。

マイケルジョーダンは2種類か3種類ぐらいいるのかしりませんが

違う顔のマイケルジョーダンが2人同じチームにいることもあります。


マイケルジョーダンがいるのなら、そこから攻めない・パスをしないのが無難です。

パスもドリブルも高確率でスティールしてくるので近寄らないようにしましょう。


マイケルジョーダン1人に勝ち試合をひっくりかえされたことがなんどもあるので

マイケルジョーダンがいるのなら、かなり戦いはきびしいといえます。


ただマイケルジョーダンが相手チームにいる可能性はかなり高いです。

マイケルジョーダンがいくら強いといっても、人間ですし

バスケットは1人でやっているわけでもないですし

マイケルジョーダンもミスをしますから、勝てることも多々ありますが

マイケルジョーダンがいるのなら、最後まで油断しないほうがいいです。



2015-04-25 00:59 | カテゴリ:NBA2k15

PS3NBA2k15のクリアーは

マイチームのゴールドトーナメント5連勝でいい

と思います。


ちなみに自分はできません。

どうしても5連勝となると、きびしいです。


なので、マイチームのゴールドトーナメント5連勝できたのなら

それでクリアーとしていいと思います。

自分が認めます。


あほか!

バスケットの試合超えてるわ!

相手チームのFG率60%とかだぞ!


そんな相手に5連勝するって、困難すぎるだろ!

よく自分は3連勝までできたものだと思いますよ。


もっとゴールド選手の質が高くないと厳しいのかもしれませんね。

自分が一番平均値が高いのはラリージョンソンの89だっけかな。

コーチの能力アップを入れて、90だからなぁ。


そもそもゴールドトーナメントをプレイする時点で敷居が高いです。

ゴールド選手12人必要とか、プレイできるようになっただけで

自分で自分を褒めたいところがあります。



2015-04-23 01:36 | カテゴリ:NBA2k15

NBA2k15のクイックマッチを久しぶりにやって

相変わらず相手のひどいプレイにイライラしていて

こちらが大差をつけて、ほぼ勝利が確定している状態なんですけど

そういう相手とやっていたら、勝っても結構ストレスがたまったりするんです。


で、ラスト1分ぐらいで大差がついていたら

NBAとかでは、時間を使ってその試合を終わらそうとするじゃないですか。


だから、自分もそういうときはそんな感じで

ハーフコートを過ぎたところで、PGにボールをもたせ

24秒バイオレーションをとられて、時間を使ったりしているのですが

そういうことをしていても、ヤンチャなプレイヤーは

どんどんスティールを狙ってきて、ボールを奪おうとするのが多いんです。


で、まぁくるくるまわったりしてボールをキープしていたりして

さらにイライラしていたりするんですけど…。


でも、たまーにそういう時間の経過につきあってくれるプレイヤーがいたりして

そういうプレイヤーだったら、今までの試合内容がかなりひどくても

最後の最後で許してあげれるというか

わかちあえた感

があるので、自分的には納得できたりできます。


やっぱりゲームなんだから、相手プレイヤーは敵とかではなくて

お互いいいプレイをして、楽しむべきだと思うんですよね。


なんか今回の記事はわかりにくかったと思いますけど

最初から終盤まで相手のプレイがひどすぎてイライラしていても

最後の最後で、時間つぶしに付き合ってくれたのなら

そのプレイヤーとわかりあえたような気になれたのでよかったです。


ほんと、たまにヤケでスティール狙って、ボールをもったらとにかく3Pシュートみたいな人がいたり

もう大量点差なのに、ファウルでフリースローからのボールをもってのすぐに3Pシュートとかで

もう勝負はついているのになかなか試合が終わらない

ときとかあって、そういうときはほんとイライラというのはちょっと違うのですが

最後の最後まで相手プレイヤーとはわかりあえなかった感がすごいですね。

まぁそもそも日本のNBAのファン自体、結構やんちゃな人が多いですし

ゲームプレイヤーなんて、ヤンチャ中のヤンチャみたいな人が多いのでしょうがないのでしょうけどね。


でも、序盤から終盤までプレイがひどくても

最後の最後、時間つぶしに付き合ってくれたらわかりあえる!!

というか、それまではガンガンスティールを狙ってきていたのに

ぱたっとスティールしてこなくなって、いい感じでした。

びっくりしました。


相手のオフェンス時もこちらに付き合ってくれて

時間を使って相手ボールのまま試合終了となったのでよかったです。