2012-11-01 21:54 | カテゴリ:俺に働けって言われても

俺に働けって言われてもというDLゲームが

そこそこ売れているみたいですけど

あれ、自分からしたらクソゲーですよ。


特にひどいところは、運営というか開発者側が

適当な難易度でだして、その難易度をどうにかして攻略しようと

プレイヤー側があーだこーだやって

「手ごたえのある難易度でおもしろい!」

ってなっちゃっている不思議なゲームです。


まずこれ、どちらかというと

まんまソーシャルゲーというか、携帯電話のゲームでいいでしょ。

容量もイベントもほとんどないんだし。


売れているからおもしろいとか思っているのなら

やらないほうがいいと思います。

そもそも俺に働けって言われてものゲームって

古臭くないか?


そりゃー、運営が適当な難易度でだしてきたんだから

その難易度が高いというか、普通にやっていたら

詰んでしまうのは当然だと思います。

たしかにそういうのは最近のゲームにはない難易度だと思いますが

それは別に運営側が狙った難易度にしたのではなくて

運営側がバランスをとるのを怠ったから

この難易度になったんだと自分は思いました。


もちろん人には好みがあるわけで

俺に働けっていわれてもというゲームが楽しい人も多いでしょうし

イベントがないから、自分の妄想でイベントを作る

若々しい人も多いと思います。

でも、最近のゲームでそれはないだろ!


ファイアーエムブレムのスーパーファミコンとかだと

そりゃーわかりますよ。

その当時にこの俺に働けっていわれてもがでてきていたのなら

そりゃー、おもしろいゲームかも・・・

と思ったり、攻略に力を入れたりしたかもしれませんが

この21世紀にあのゲームはありえないと思います。


ただ、この俺に働けっていわれてもは続編がでるらしく

その続編には期待はある程度もてる

と思いますね。

なぜなら

勢いにのったメーカーは良作をだしやすい

からです。

まぐれあたりだったとしても、俺に働けっていわれてもというゲームは

ある程度のヒットを飛ばしたわけで

続編の俺に働けって言われても乙でしたっけ?

それはかなりバランスのとれたパワーアップバージョンとなって

進化している可能性は高いと思います。


もし、今回と同じ感じで

バランスを放りなげて、それが難易度が高いことにつながっているのなら

それはもうメーカー側の甘えだと思いますね。


結局この俺に働けっていわれてもというゲームは

タイトルである程度ヒットしたところがあったと思います。

購入した人は、おもしろいとクソゲーという感じが半々だったと思いますが

どうも評価をみると、満足している人が多く

まぁやっぱり人の好みなんだなぁと思いましたね。


というか、俺に働けって言われてもというゲームが評価されて

ゲームプレイヤーにもいろいろな人がいるってことがわかりました。

1000円で高いか?と言ったら

自分はこのゲーム500円の価値もないと思っています。

容量バカになっちゃったのかなぁ。

でも、イベントはほとんど0ですし

なんか中途半端なシステムですし

ぜんぜん達成感みたいなものも感じられなかったので

なんていうかな・・・日本人にしか受けないと思います。


自分はたしかに昔にドラクエ3とかプレイしたから

ドラクエ3とか神ゲーだと思っていますけど

もし今の自分がドラクエ3とかプレイしたのなら

めんどくさくなって投げていると思いますしね。


この俺に働けって言われてもは同人ゲームみたいな感じです。

それがここまでウケるというのは、おそらく

最近の人たちはいろいろなゲームは触らない

のではないかと思います。


少なくとも1000円という値段は自分は高いと思いましたし

こんなゲームの攻略にDLCとか買う人は

どうかしていると思います。

同人ゲームなら、企業に勝てないからこそ

なにか光るような特徴があるわけですけど

この俺に働けって言われてもは、バランスを企業側がなげて

そのゲームをプレイヤーに無理やり攻略を任せた感があります。

もちろん、自分のイメージなんですけどね・・・。


どうなんでしょう。

なんでここまで俺に働けって言われてもというゲームが

評価されているのかよくわかりません。

もちろん、好みなんでしょうけどねぇ。


自分はフリーゲームの

魔法の塔

というゲームが強く印象に残っています。

あのゲームなら1000円払ってでも安いと思いました。

それがフリーゲームなんですから

魔法の塔を超えるようなゲームではないと厳しいかなぁ。

もちろん、魔法の塔と俺に働けって言われてもはジャンルがぜんぜん違うんですが

魔法の塔というゲームはとてもよくできたバランスで

行き詰っても、またプレイしようという気にさせる

製作者側がよく考えたバランスだとやっていてわかりました。


でも、俺に働けって言われてもというゲームは

やっぱり開発者側がバランスを投げたゲームだと思いましたね。

興味ある日とは、魔法の塔というゲームをやってみてほしいです。

かなり昔のゲームですから、100MBも容量はないのではないでしょうか。



2012-05-22 20:43 | カテゴリ:ドラゴンズドグマ全般

サムライ&ドラゴンズをプレイしていますけど

一応第1シーズンは最後までやる予定です。


でも、ドラゴンズドグマが発売されますので

これをやっていく予定です。

このドラゴンズドグマはオンがほぼないという点で

自分は好んでいたりします。

オンがあると、攻略というかやりがいみたいなものがなくなって

人との交流がどうのこうのとなったものになりがちですから・・・。

人の手によって攻略というよりも

自分の手で攻略していきたいという思いを自分は持っていますからね。


なんだろ、やっぱりオン要素って必要だと思うんです。

それはある程度プレイしている人がいるという事実を実感しないと楽しめないというか

過疎っていると、自分が楽しいと思っていても

どうも疑心暗鬼になってしまうわけです。


でも、ドラゴンズドグマは

注目のゲーム

ですから、1ヶ月ぐらいはプレイできるでしょう!


ただ、どうも最近のゲームの特徴がずっこけているものが多いというか

「俺の働けっていわれても」は自分の中ではクソゲーだったんですが

どうも評価がいいみたいで、なんか自分がおかしいのか

今求められているゲームはソーシャル系というか

ああいったものなのかと、ちょっと心配というか・・・。

そういう自分もサムライ&ドラゴンズにはまっちゃっていますからねぇ。


ただ、「俺に働けっていわれても」というゲームは

やりこもうとおもっていましたけど

あまりにもひどくてやめてしまいました。


1000円でも高いというか、ああいうゲーム

フリーゲームであると思うんだけどなぁ。

しかもDLCにもお金かかるとか

そこまで「俺に働けっていわれても」というゲームを攻略する気が起きないというか…。

ドラゴンズドグマもそういう要素があったら萎えそうです。


よく思うんですけど、ゲーム業界がだめになっているのは

別にソーシャルゲーとか課金要素とかではなくて

そういうものに手を出す人たち

だとおもうんですけどねぇ。


まぁ別にゲーム批判をする気はなかったのですが

ドラゴンズドグマもそういったゲームになりうる可能性はありそうです。

ドラゴンズドグマはあさって発売ですか!

自分は通販なので、おそらく金曜日に届くと思います。

そこからこのブログはドラゴンズドグマについての記事を多くしようと思っていますけど

ハマれるかなぁ・・・。心配です。




サムライ&ドラゴンズにはまる




なんだろ、なにかが違うんでしょうね。

「俺に働けっていわれても」で抵抗があったのは

やっぱりイベントがないと言う点で

昔どこかのフリーゲームでああいうのがあったんですよ。


イベントがあるのなら、売り物になると思います。

マリーのアトリエとかがそれですよね。

いや、マリーのアトリエはもっとゲーム要素がありますけど。


昔フリーゲームでああいった経営シミュレーションとかあったんですよ。

いろいろなタイプのものがありました

漫画家のシミュレーションゲームとか

会社のシミュレーションゲームとか・・・


それでなくても、サカつくややきゅつくがある時代に

あの「俺に働けっていわれても」というゲームはないと思います。


たしかにそういうゲームがすごく好きな人や

そういったゲームをプレイしたことがない人は

攻略がおもしろいかもしれませんけど

自分はハマれなかったなぁ。


なんか昔テックウィンとかそういう雑誌があって

その無料ゲームとかフリーゲームみたいなもので

優秀賞とか受賞したゲームとか付録CDに収録されていて

そういったゲームで、「俺に働けっていわれても」みたいなゲームはありました。


あれって、個人で作ろうと思えば作れると思います。

いや自分はつくれませんけど

そして一応イラストがあるのでその点では価値があるかもしれませんけど…

いまどきあれはないわぁ


テックウィンとか発行されていたのは

10年以上前だと思うので・・・

たしかに昔のゲームは今やってもおもしろいですし

だからこそPSアーカイブが人気なんでしょうけど

自分はPS3をもっていますけど

アーカイブなんて買う気がおきないというか

やっぱり新作のゲームをやりたいですよ。


長々書きましたけど、そういうゲームに

触れていたか、触れていなかったかの違いなんでしょうねぇ。

サムライ&ドラゴンズみたいなブラウザゲームは

パソコンには結構あると思います。

でも、自分はブラウザゲームとかぜんぜんプレイしたことがありませんでした。

だからサムライ&ドラゴンズにははまったんでしょうね。


でも、パソコンでブラウザ三国志とかやっている人からしたら

サムライ&ドラゴンズはわざわざvitaでやるようなものでもないって感じでしょうし

結局はそんな感じなんでしょう。




いろいろ調べたところ、似たようなゲーム(?)は

まんが~奥の細道~

って名前のゲームでした。

いや似ているというか、こういったタイプのゲームだと思いますよ。


【まんが~奥の細道~について詳しいことはこちら】

まんが~奥の細道~


たしかにこういうゲームがテックウィンで優秀賞みたいなものをとっていましたから

内容はよくできているのでしょう。

でも、こういったゲームがフリーゲームででている時点で

「俺に働けっていわれても」に1000円払うというのは

名前負けしたというか、タイトルに釣られてしまったかな^^;

って気がしてハマれませんでしたね。


いや、そりゃー個人でつくったフリーゲームと

企業が作ったゲームでは、完成度は違いますよ。

でも、10年以上前にこういったゲームがあって

10年以上経過した今に、俺に働けっていわれてもが登場したというのは

なんか・・・がっかりというか・・・

いまならこのまんが~奥の細道~というゲームを作った人が

本気でゲームを作ろうとすれば

それなりのゲームができるんじゃないかな・・・

と思うんですが。



2012-04-24 18:03 | カテゴリ:俺に働けって言われても

「俺に働けって言われても」を4時間ぐらいプレイしましたけど

難易度は高い

です。

なぜかお金が増えるどころか

借金が40万ぐらいになっています。

それなのに、大家にはみのがしてもらえました。


これって、

株とかFXをやって失敗したニートの図

なんじゃ・・・。


俺に働けって言われてもというゲームの攻略としては

硬い木を結構必要とするのでそれを集めておくといいと思います。

旧エルトナ街道でアイテム採取をおこなえば

高確率で硬い木を取得できます。


これって、探索地域を選択して

LRボタンでその地域のモンスターや

採取できるアイテムなどがわかるので

その地域を選択してLRで詳細をチェックすればわかると思います。


でも、建築したとしてもほとんどの建物は

序盤はどうにもならないので、よく考えて建設したほうがいいです。

特に宿屋を増築すれば、家賃も高くなるので

冒険者を多く雇えるようになりますが、宿屋を増築すると

毎月10万の家賃を払わないといけなくなるので詰むような気がします。

まぁ増築しなくても5万の家賃なんで、詰んでいるんですけどね。


このゲームって

働かないで生きていくってとても難しい

ということを教えてくれるゲームなんでしょうね。

少なくともこの俺に働けって言われてもというゲームを

それなりに軌道にのせるためには

DLCを購入するか、プレイヤーが長い時間プレイする必要があるという

リアルのプレイヤーの生活をぼろぼろにしてまで

この俺に働けって言われてもというゲームをプレイしないと

うまくいかないと思います。


リアルで時間がたくさんあるプレイヤーなら

このゲームを攻略できたり

DLCを買えば攻略できるかもしれませんが

そんなゲームの中のプレイヤーのために

リアルプレイヤーのお金を出費するとか意味不明です。


リアル生活をとるのか

ゲームの中の主人公を軌道に乗せるようにがんばるのか…。

それは人それぞれでしょうけど

このゲームをやってわかったことは・・・

普通に働いて生きていったほうが楽

だということです。


そもそも経費がかかりすぎというか

1年構想じゃん!

1年こつこつやって、やっと黒字になるっていう経営じゃないの!?

少なくとも初月から黒字にするって無理な気がします。

というか家賃が高すぎるんですよ!

引越しすれよ!




俺にはたらけっていわれても4




くそゲーなのかと問われれば、くそゲーまではいきませんが

どうやって黒字をだすのか、その仕組みさえわかればどうにかなるんでしょうが

その仕組みがわからないと、どうにもならないゲームだと思います。


序盤はやればやるほど黒字になるというより

いろいろやればやるほど赤字が増えていきました。

だから、できることでもやらないほうがいいこととかあるでしょうね。


2ヶ月連続家賃を払えなかったのですが

大家さんはみのがしてくれましたから

いつまで見逃してくれるのかわかりませんが

早めに黒字になるような生活をおくれれば

その時点でゲームクリアーと考えていいのではないでしょうか。


別になにか目的があるというわけでもなく

ただ黒字をだして、毎月家賃を払えればいいわけですから

その黒字を出す生活が難しいというわけなんでしょうね。


でも、黒字が出せるようになっても

毎回冒険者のダンジョンパートを早送りでみないといけないので

ボリュームの水増しというか・・・

時間を無駄につかわせてくれるところは

ちょっと好感を抱きませんね。


ただここでやめてしまっては、負けた感がすさまじいので

もう一度はじめからまじめにやってみようと思っています。